野球肘Q&A

症状についての質問

  • 小学生の子供で少年野球をやっています。投げ始め(または投球時)に肘の内側を痛がりますが野球肘でしょうか。
  • 投球動作によって症状が軽くなる場合であっても、少しでも肘に痛みなどの症状があれば、様子を見ることなく早めに来院してください。単に肘の内側が痛いからといって必ずしも野球肘とは限りません。予想以上に重度であったり、反対に軽度であったりする事もあります。(実際には保護者の方々が想像する以上の良くない状態になっているケースが大半です。)ご来院頂くか、野球肘に詳しい医療機関を受診して、十分にご相談下さい。
  • 少年野球をやっています。肘の内側では無く外側を痛がりますが野球肘でしょうか。
  • 投動作をしている方で肘関節の外側に違和感や疼痛などの症状がある場合には離断性骨軟骨炎の危険性がありますので、至急積極的に医療機関を受診される事をお勧め致します。野球肘の中でも外側障害に多い離断性骨軟骨炎は、いわゆる「関節ネズミ」に発展してしまいます。野球経験者の皆様は「関節ネズミは良くない症状」と言うのは何となく認識されていらっしゃる事でしょう。関節ネズミは症状が進んでしまいますと将来的には手術が避けられません。

    しかし早期に発見して適切な処置などを進める事によって治るものなのです。「ネズミ」(=関節内遊離体)になってしまう以前であれば、早期であればあるほど治るのです。離断性骨軟骨炎は発症後、自覚症状が出るまでに1年から2年掛かる事も珍しくありません。

    当院では、エコーによる離断性骨軟骨炎の早期発見も行っております。また、治癒へのアプローチとしてLIPUSも実施しております。
    注:近年、関節ネズミの発生(離断性骨軟骨炎=OCDと言います)に関しては、新しい考えが広まってきています。
  • 少年野球をやっています。肘関節に痛みはありませんが伸びきりません(曲がりきりません)。野球肘でしょうか?
  • いわゆる野球肘の可能性は高いと思います。早期の変形性肘関節症になるリスクファクターになります。そのまま投げ続けると、悪化したり野球肩など他部位の故障を併発したりする可能性が高まります。早期に医療機関を受診される事をお勧めいたします。
  • 野球以外のスポーツをしていますが、医療機関で野球肘と言われました。野球以外でも起こるのでしょうか?
  • いわゆる野球肘は投動作のようなオーバーヘッドモーションで起こり得ます。バレーボールのスパイク・バドミントン・テニス・やり投げなどでも発生します。